亡くなった人の個人情報の相続?

不動産売買に関わると色々な法律にふれることになります。

といっても私は業者じゃありませんが、色々、個人的に不動産を精査しております。

他のかたにお渡しするのですから、きちんとしたいという思いです。神経質かなぁと思うこの頃。

で、前の主が何か?家のことで消費者センターに相談に行っていたという記録を以前、みかけました。

もうその記録はないのですが、その情報を教えてくれませんか?と問い合わせしたのですが、

現在、情報を公開していいか確認していただいている最中です。

個人の趣味の相談ならプライバシーもあるかもしれませんが、相続した家のことなので対象になるかどうかです。

亡くなった方は、そもそも個人情報の対象外なので情報公開に値するかどうか?裁量みたいです。

亡くなった方の情報請求って珍しいのかなぁ、どうなんだろう?
と、お国の個人情報審査委員会に電話相談したところ、私みたいなケースは少ないかもしれませんが
遺族による医療のカルテ請求ではよくあるようです。厚生労働省も努力義務で開示するように伝えているようでした。

遺族からのカルテ開示請求

私はここまでトラブルにはなっておりませんが、確かに遺族からすると何かあったんじゃないか?と
思う気持ちもわかります。何かおかしいな?と思うことがあれば知りたいと思うのは当然です。
すべて公開とはいいませんが、遺族には生前の個人情報を知る権利はあると思うのですが。

でも、医療側の回答は「応じなくていい」という判断に唖然としました。

厚生労働省の通達があってもこれなのかぁと。

遺族の知りたい権利 と 病院側の争いごとに巻き込まれたくない立場 

裁判所の天秤はどちらに傾く?

知らない世界をしっていく日々です。私もどういう判断下されるのかな?