何がOKで何がNGかの情報分析

不動産の売却に関して、色々と問い合わせをしたり話をききにいくことにしました。

先週2件、企業に伺いメールしたけれど音沙汰なし。

仕方ない話ですが、まるで新人の就職活動のように落ち込みますねぇ。

町を歩いていると測量をしていたり、やはり年末にかけて不動産が動いている気がします。

そういう中で自分みたいに売却できずに悩んでいる人もいるんだろうな、と思います。

売値の問題なら調整できるけど、不動産の瑕疵部分は難しい。

それも自分で解決するには費用がかかりすぎるし相手の同意が必要というのは厄介ですね。

世の中に、どれぐらい水道管で悩んでいる方がいるかわからないけど参考までに現状として

A業者:大手買取業者は他人の水道管がある土地は100%買い取りません

B業者:水道管がある土地を分筆したとして、それが隣人が買い取ってくれるという条件なら少額で買取も検討

C業者:神奈川県が公費で水道管を移設してくれるという条件なら少額で買取も検討

です。

解約条件付きという、ほとんどNGな不動産。

不動産業者の仲介で、価格次第で水道管付きで売却もできるかもしれないけれど、心が重い。

賃貸に出すにもDIY好きでない限り、難しそう。リフォームするにも高値。

お風呂は浴槽が深いし、石油風呂釜だし。

そのお風呂を使ってはいたはずなのですが、久々に掃除で浴槽に入って深さに驚いた。姿が隠れてしまう。

五右衛門風呂じゃないけれど、昔の浴槽は深い。

そういうのを好む人もいるかもしれないけれど、どうなんでしょう。

今じゃありえないという、窓のない部屋もあります。暗室にいいのかな?

更地がいいだろうけど水道管がある限り、先が見えない。売れ残りそう。

まずは色々情報収集していきたいと思います。