LibreOffice-Writer

[挿入-任意区切り]文書内で異なるページ設定をするには

文書内で1ページ目をA4縦長、2ページ目をA4横長にする方法です。

WordとLibre Officeの違い

  • Wordでは、セクション区切りを挿入してページ分けをします。
  • Libre Officeではセクションを区切らずページ分けをします。

Libre Officeにも「挿入-セクション」がありますがWordのセクション区切りとは機能が違うようです。どちらかというとLibre Officeのセクションは保護ができるので、Wordの文書の保護(セクション単位の保護)と似てますかね。

文書内で異なるページ設定をするには

  1. ページ設定を変更したい箇所にカーソルをおきます(ページの末尾など)。
  2. [挿入]-[任意区切り]を選択します。
  3. [種類]から[改ページ]を選択し、次に[スタイル]からページスタイルを選択します(例では既存スタイルの「横置き」を指定)。[OK]を選択。
    区切りの挿入

    区切りの挿入

  4. カーソル以降に、ページスタイル「横置き」が適用されます。
    縦長+横長

    縦長+横長

ヒント:

スタイルは変更なしで改ページする場合は、[挿入]-[改ページ]、またはCtrl+Enter(Wordと同じですね)

横置きのスタイルを変更する場合やスタイルを新規作成する場合は、スタイルを設定するにはを参照ください。

[書式-文字-フォント・効果]文字設定をするには

文字の種類・サイズなどを設定するには

  1. 書式を設定する箇所を選択します。
  2. [書式]メニューから[文字]を選択します。[文字]画面が表示されます。
  3. [フォント]タブを選択します。
  • 日本語のフォントを指定する場合:アジア諸言語用フォント
  • 英数字のフォントを指定する場合:西洋諸言語用フォント を指定します。

[フォント]タブ画面

フォントタブ

フォントタブ画面

 

文字の色を変更するには

    1. 書式を設定する箇所を選択します。
    2. [書式]メニューから[文字]を選択します。[文字]画面が表示されます。
    3. [フォントの効果]タブを選択します。
    4. [フォントの色]から色を指定します。

[フォントの効果]タブ画面

フォントの効果

フォントの効果タブ

二重下線を設定するには

[下線]に[二重線]を指定します。

強調傍点を設定するには

[強調に用いる記号]に[シングルドット]などを指定します。

注意:設定した書式の表示がおいつかない?反映されないことがあるようです。ズームなど表示倍率を変更すると、表示が更新される模様。設定をしているのにおかしい!と思ったら表示倍率を変更してみましょう。

[書式-文字-位置]文字間隔を設定するには
  1. [書式]メニューから[文字]を選択します。[文字]画面が表示されます。
  2. [位置]タブを選択します。

[文字]画面

テキスト

文字画面

文字間隔を狭くするには

[間隔]に「狭くする」を選択します。

文字間隔の自動調整(カーニング)をオフにするには

[間隔]-[ペアカーニング]のチェックをオフにします。

カーニングありなしの違いとは

ペアカーニングとは、あらかじめ文字がもっている文字調整です。隣の文字が小文字だったら文字間隔をつめてあげよう、とか。
文字調整を持っている文字の場合は、[ペアカーニング」をオンにすることにより、自動的に文字間隔を調整してくれます。
文字すべてではなく、限られた文字が調整情報をもっているようです。
サンプルの「Very」はカーニング情報を持っている文字のようです。原稿用紙のように一定の間隔にしたい場合はオフにします。
[Arial]フォントを使用した例です。

カーニング有無の違い

カーニング有無の違い

プロポーショナルフォントとの違いとは

カーニングは、文字間隔調整。プロポーショナルフォントとは、あらかじめ文字幅を文字ごとに調整されたフォント。
なので文字間隔を詰まるとはちょっと違うようです。次の「Very」は[MSゴシック][MS P ゴシック]の例です。
カーニングと比べると、「r」「y」は一定の範囲内で文字を広げている気がします。
カーニングの場合は範囲を超えて表示されているような・・・。微妙な違いですね。

プロポーション有無の違い

プロポーション有無の違い

[書式-段落-インデントと行間隔]段落設定するには

字下げをするには

    1. 書式を設定する箇所を選択します。
    2. [書式]メニューから[段落]を選択します。[段落]画面が表示されます。
    3. [インデントと行間隔]タブを選択します。
    4. [最初の行]に字下げ文字数(たとえば1文字下げは「1.00文字」)を指定します。

[インデントと行間隔]タブ画面

インデントと行間隔

インデントと行間隔タブ

[書式-段落-背景]段落の背景色を設定するには
    1. 書式を設定する箇所を選択します。
    2. [書式]メニューから[段落]を選択します。[段落]画面が表示されます。
    3. [背景]タブを選択します。
    4. [塗りつぶし]から色の種類を指定します。
指定項目
  • なし
  • 色:単色の色
  • グラデーション:グラデーション
  • ハッチング:縞々模様など
  • ビットマップ:空の写真など

[背景]タブ画面

段落の背景

段落の背景タブ

[書式-ページ-行数と文字数]文字数・行数を設定するには
  1. [書式]メニューから[ページ]を選択します。[ページスタイル]画面が表示されます。
  2. [行数と文字数]タブを選択します。

[ページスタイル]画面

標準の行数と文字数

標準の行数と文字数の図

 

行数と文字数を変更するには

既定では[行数と文字数指定なし]が選択されています。この指定では、行数と文字数を変更することができません。
[行数と文字数指定(行グリッド線のみ]または[行数と文字数指定(グリッド線)]のいずれかを選択すると指定できます。

行数と文字数変更後

行数と文字数変更後の図

 

行単位の文字数を50文字に変更するには

上の例では、あらかじめ上下の余白を2cm、左右の余白を1.5cmに変更しています。余白を変更するにはこちらを参照ください。

既定では[行単位の文字数]は24文字になっています([標準の行数と文字数の図]を参照)。
これは[1文字の最大サイズ]をもとに算出されていますので、50文字入るようためには1文字のサイズを小さくする必要があります。

例では、[1文字の最大サイズ]を「10pt」にしておりますが。。。ここでやや怪しい動きがありました。
ほかをクリックすると「20pt」に戻ってしまうという。。。何度か挑戦が必要かも。。。

  1. [1文字の最大サイズ]に「10」を指定します。
  2. [行単位と文字数]に「50」を指定します。
  3. [ルビ文字の最大サイズ]に「3」(1文字の1/3程度)を指定します。
  4. [ページ単位の行数]に「48」を指定します。
  5. グリッド線表示が必要ない場合は、[グリッド線を表示する]のチェックをオフにします。

ルビによって行間が変わる?

Writerのページ設定は、あらかじめルビ(フリガナ)の文字サイズを指定するのが特徴です。Wordではなかった考え方です。そのルビによって行間も異なってくるようです。どのぐらいのサイズが理想かはわかりませんが、1/3程度だといい感じの行間になります。ルビのサイズを5にすると、ところどころ行間が詰まったり広くなったりする模様。

注意1:[行数と文字数指定なし]を選択すると、既定の行数・文字数が優先されるようです。たとえば行数に「20」を指定したとしても[行数と文字数指定なし」を指定すると、既定の行数「24行」が優先されます(値は自動的に変わらない模様)。

注意2:ページ単位の行数を最大に変更することをおすすめします。
Wordでは、たとえば行数を20にすると、20行分を行間隔をあけながら調整しますが、Writerは自動行数調整はなく?、20行分をページの上下中央揃えで表示します。そのため、上下余白が空いてしまうという現象がでます。一番上から文字が打てない!と思ったときは、行数を調整してみましょう。

行数の注意

行数の注意

←行数を20、文字サイズを20にした例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[書式-ページ-ページ]用紙設定をするには
  1. [書式]メニューから[ページ]を選択します。[ページスタイル]画面が表示されます。
  2. [ページ]タブを選択します。

[ページスタイル]画面

ページ画面

ページスタイル画面

 

用紙サイズをA4にするには

[用紙サイズ]-[サイズ名]に「A4」を選択します。

用紙の向きを縦方向にするには

[用紙サイズ]-[印刷の向き]に「縦」を選択します。

余白を変更するには

[余白]の左右上下をそれぞれ指定します。

[スタイル-新しいスタイル・編集]スタイルを設定するには

スタイルは書式のパターン(集まり)です。たとえば文字はゴシック、色は赤など複数の書式をまとめて利用したいときにはスタイル作成が便利です。

書式コピーとスタイルの違い

書式コピーでも同様に複数の書式を利用することができます。異なる点はスタイルの場合、スタイルに登録している書式情報を変更すると、スタイルを適用している箇所も自動的に変更になる点です。書式コピーの場合は、再度コピーしなおさなくてはいけません。複数書式の適用箇所が多い場合はスタイルが便利です。一か所利用などでしたら書式コピーでいいでしょう。
スタイルには文字スタイル、段落スタイル、ページスタイルなどがあります。

スタイルを作成するには

  1. [スタイル]-[スタイルと書式設定]を選択します。スタイルの一覧が表示されます。
    スタイルと書式設定

    スタイルと書式設定

  2. スタイルの一覧の上には、スタイルの切り替えボタンが表示されます。
    スタイル切り替えボタン

    スタイル切り替えボタン

    左側から、段落スタイル、文字スタイル、枠スタイル、ページスタイル、リストのスタイルと並びます。
  3. 新規作成するスタイルに切り替えます。ボタンのさらに一番右側に、一番右側に[選択スタイルから新規作成]ボタンがあります。
  4. [選択スタイルから新規作成]-[新しいスタイル]を選択します。作成したい[スタイル名]を入力し[OK]を選択します。
    スタイルの作成

    スタイルの作成

スタイルを設定するには

スタイルを変更するには

  1. [スタイル]-[スタイルの編集]を選択します。
  2. 登録したスタイルの書式画面が表示されます。変更して[OK]を選択します。

スタイルを削除するには

  1. [スタイル]-[スタイルと書式設定]を選択します。
  2. スタイルの一覧が表示されます。
  3. 削除したいスタイルでショートカットメニューから[削除]を選択します。

注意:すでに文書内で利用されているスタイルの場合、そのスタイルを削除すると利用していた箇所は標準スタイルに戻ります。

[ツール-オプション]既定フォント設定をするには

[ツール]メニューから[オプション]を選択します。[オプション]画面が表示されます。

注意:既定のフォント設定を変更すると、現在の文書および新規の文書も反映されます。

[オプション]画面-初期値

オプション画面

オプション画面

 

日本語フォントの設定をするには

左側のメニューから[既定のフォント(アジア諸言語)]を選択します。設定後、[OK]を選択します。

英数字フォントの設定をするには

左側のメニューから[既定のフォント(西洋諸言語)]を選択します。設定後、[OK]を選択します。

既定のフォント設定を初期値(標準値)に戻すには

[標準]ボタンをクリックすると、Writerの初期値の標準値に戻ります。

[オプション]画面-変更後

オプション画面変更後

オプション画面変更後

 

指定項目

  • 標準:通常の本文用のフォントです。[標準]スタイルに反映されます。
  • 見出し:見出し用のフォントです。[見出し1~10]スタイルに反映されます。
  • リスト:箇条書き、段落番号のフォントです。[リスト]スタイルに反映されます。
  • キャプション:図表番号のフォントです。[キャプション]スタイルに反映されます。
  • 目次と索引:目次と索引のフォントです。[目次1~10]スタイルに反映されます。

注意:スタイルに反映されます。書式が反映されないときはスタイルが指定されているか確認します。

Wordでは箇条書きを設定すると、箇条書き用の[リスト]スタイルが自動的に適用されると思いますが、Writerは自動的に適用されない様子です。