車の冬対策はじめました

車の整備も寒くなるとつらくなります。そろそろ冬対策ですね。皆さん頑張っていますか?

関東でも、毎年暮れになると1回や2回は雪が降ります。
年が明けて、共通一次試験の頃には、必ずと言って良いほど雪が降ります。
そこで、いまのうちに冬対策をしておきせう。

ZIZIはここの所冬になると青森に行く用事があるので、スタッドレスタイヤを持っています。
雪の降る場所に車で行く用事の無い人は、買う必要は無いと思います。
これまでの経験で、雪道の難儀さを色々教わりました。
高速道路でスピンしたこともありました。 坂道のカーブで、あらららら・・・曲がらない・・・・・
すーーーーと滑って吹き溜まりにドッカンと突っ込んだり・・・・・・

そこで、雪道の走り方を少しお伝えしとこうと思います。
1.交差点は滑る
(交差点はまず凍っています。発進しようといつもの調子でブウと吹かすと必ず尻を振ります。止まるのだって、ブレーキの感覚は無くなって、あぁーーーてぐらい止まりません。)
初心者はかなり手前から、ブレーキーを軽くかけて減速してください。
交差点の先頭で絶対止まらない覚悟で運転してください。

2.わだちは通るな。
(なるべくわだちは避けてください。白い雪の上を走っていく方が安定して走れます。
深いわだちに入った場合は、抜け出せませんので、無理してはいけません。直ぐにスピードを落としてください。必ず抜けれる場所がありますので、そこまで逆らわず、スピードを落として進んでください。

滑ったら、ハンドルは効きません。手を放してください。マニュアル車ならアクセルを離せばエンジンブレーキが効きますが、今はほとんどAT車ですから、アクセルを緩めても速度は落ちません。
ブレーキは踏んではいけません。
こう書いても、まずハンドルから一瞬手を離すとか、ブレーキを踏まないと言うことは経験していない人は出来ません。とっさに、ハンドルを切り、ブレーキを踏みます。するとどうなるか?
そのまま、突っ込むだけです。 なまんだぶ なまんだぶ。

これを防ぐ方法は、たった1つ。スピードを落として、走行する。 です

普段から自転車や歩行者を避けるために黄色のセンターラーンをはみ出して運転している女性ドライバーや老人ドラーバーをよく見ます。 対向車があるのにです。あれは危険です。

黄色い実線:追い越しのためのはみ出し禁止 です。 間違わないように。

特に雪が降ると、歩道が歩けないので車道を歩く人がいますが、雪を避けるために急に車道に入ってくる人がいます、それを避けるために、黄色い線を大きくはみ出して、追い抜いていく人がいます。
貴方ではではないでしょうね!!!

時間がきました。本日の授業はここまで。