報道のうそ?とまでは言わないが・・・・・。

今回の平成30年7月豪雨で被害にあわれた方にお見舞いを申し上げます。
これから暑い日が続くでしょうが、お体ご自愛ください。

災害のTV放送を見ていて、すごく違和感を覚えたのは、私だけでは無いと思うので、今の気持ちを記録しておこうと思いました。
それは「ダムの放流」です。
ウエザーニュース社の記事によれば「想定以上の水位になることで、ダムそのものが決壊することを防ぐための措置」だそうです。

おぃおぃそんなに簡単に壊れるのかい?

素人考えでは、お風呂の水があふれそうになったら浴槽が壊れるので、勝手に減らしております。。。
としか聞こえないのですが。

TVでは、ただし書き操作開始水位を超えたので、手順に従い放流したので問題なかったと言うコメンティターまでいました。 でも、このせいで水位が急に上がったのは事実だと思うぞよ。

雨で下流の水位が上がっており、そこにダムの放流が加われば、とんでも無い事になるのは小学生でも判ると思います。 でも、手順に従い放流いたしましたぁ!  何だかなぁ・・・・・・と思うわけ。
検証はこれからですが、腑に落ちないことばかりです。
もう少し、反省なり対策なりが話し合われても良いように思います。
事実はどうであったか、時間軸を元に視聴者にわかりやすく伝えるのが仕事だと思います。

TVで報道されない地域の方のSNSを見ると、かなりひどい状態で、孤立している処もありそうです。
限界集落と言われる地点では、ニュースにならないのでしょうか。

少なくとも、外国の洞窟ニュース より 優先してほしい。
国会議員が酒盛りしてたって、いいけど  今にバチがあたると思うよ  南無阿弥陀仏。