企業でのパソコン処分方法

新規に購入したから、などと言って処分費用はまけてもらっていませんか? 

ハードウエアの購入は当然費用がかかるだろうけど、捨てる時に費用がかかのは・・・なんて今のご時世でそんな事考えていたら取り残されてしまいますよ。

会社の信用は危機管理体制の確立にあります。
情報漏洩は起きてからでは遅いのです。
漏れてしまってから、ちゃんとやったはずなのにとか、きちんとしてると思ったとか言っても失った信用は戻ってきません。
弊社では、パソコン廃棄時の注意点や日常のセキュリティの在り方を含め、御社のデータ管理方法をあわせて見直します

特にレンタル品の場合の返却方法などは注意を要します。

ハードはレンタルでも中のデータは決してゴミバコに捨てたり、削除しただけでは情報漏洩に気を使った危機管理方法とはいえません。

処分費用の見積もりいたします。
お気軽にお問い合わせください。

安心はリサイクルマーク

リサイクルマークがあれば安心です。
情報機器リサイクルセンターにて、排出時に新たな料金負担なく回収・再資源化される事になっております。
パソコンのメーカーによって異なる場合がありますので、ご依頼の際は、直接メーカーにお問合せください。
メーカーごとの問い合わせ先、リサイクル料金はパソコン3R推進協会のホームページをご覧ください。