マザーボードのコンデンサ交換症例(画像あり)

修理をしていると、一流メーカ製のパソコンでもコンデンサ不良により、起動しないものをたまに見かけます。(いけませんねぇ こんなことでは 一流メーカさん!!)

パソコン修理屋さんでも、コンデンサ交換を売りにしている処もありますが、本来この手の交換はあまりお勧めできません。

多層基板のスルーホール技術が製品の信頼性に大きく関わっていますが、そこの処を問題にした記事をあまり見かけませんが、どんなもんでしょうか

スルーホール技術が、基板メーカの善し悪しを決めるので、どんな素子を使っているかと言うより、どこの基板メーカを使っているかが最重要なことは、間違いありません。

弊社でも、まぁパンクしたコンデンサの交換をやりますので、ちょこっと皆様にそのあたりのノウハウをお伝えしておきます。(どうしてもと言うお客様には勝てません)

目視にて、徹底的にコンデンサの周辺を観察してください。なにやら膨らんでいるものがあったらヤバイです。 膨らんでいなくても、液が漏れた跡がある。オシロスコープで観察するなどしてください。

これが防爆弁が開いてしまっているコンデンサの外観です。

アールプラスのコンデンサ交換赤いマジックで印をつけてあるところです。
膨らんでいるのが良く分かりますね。
こうなると、ドライアップして、本来のコンデンサの役割は果たしません。

この時点で、基板交換が本来のあるべき姿ですが、無理やり交換してみませう。

 

 

 

アールプラスのコンデンサ交換なんてこったい!

たいていは、不良コンデンサが原因です。

熱設計を誤ったとは思いたくありません。
このように頭に十字やY字にスリットが入ったものは膨らみますが、頭がつんつるてんのコンデンサでは、根元側に防爆弁があるため、よーく見ないとコンデンサの液漏れなどはわかりません。

 

 

はんだ面からはんだを取り除きます。

かなりの熱量が必要です。だいたい1回でうまくやらないと、スルーホールを痛めてしまいます。
はんだ吸い取り線(詳しくはココ)で一気に取り除きます。これができるようになるにはかなりの熟練が必要です。 これでも抜けない場合は、追いはんだをして、ピアノ線で押し出す場合もあります

内部断線の有るスルーホール例

下の写真はスルーホールの途中で断線している例ですが、強引にコンデンサを引き抜いたり、はんだをうまく取らないでこじったりするとスルーホール断線を引き起こしたりします。

アールプラスのコンデンサ交換

取り外したコンデンサ コンデンサ取り外し後のマザーボード

コンデンサ取り外し後のマザーボード

コンデンサ取り外し後のマザーボード
コンデンサ交換前の波形 コンデンサ交換後の波形
コンデンサ交換前の波形 アールプラスのコンデンサ交換

動かないから、マザーボードが悪い! とう言うのではいけません。キチンと原因を明確にして対策しましょう。

良い子のみなさんは決して真似をしないようにしましょう。
ネットで検索すると、10個以上コンデンサの交換をしちゃったー的な記事が良くありますが、その後の確認レポートはあまり見ません。1個や2個スルーホールが断線したまま、動いているのかも知れません。 断線だけならまだしも、電源層とグランド層が熱収縮でショートしたら、それこそシャレになりません。かなりの経験を積んでも、取り外した後、ミリオーム計で導通の確認、スルーホール内の目視確認、場合によっては破壊検査で断面写真などで確認しないと責任が持てない作業なのです。
部品が実装されたら、ほとんど基板の修復は不可能とお考え下さい。(耐圧検査ができない)